ホームページをご覧いただきありがとうございます。
株式会社IncubationCodeの代表取締役の澤井です。

今まで働いている中でこのような経験はありませんか。

「定時が過ぎているのに、いつまでたっても帰れない。」
「仕事をしてもしても、次から次へと仕事がやってくる。」
「納期は変わらないのに、システムの仕様が突然変更に・・」

そして、人は疲弊していく・・。

私は日頃からこのようなデスマーチと呼ばれるようなプロジェクトに対し問題意識を持ち、プロジェクトに関わったことで不幸になる人をなくしたい。延いては、プロジェクトを通して参加した全ての人の幸福度を高めたい。「デスマーチを社会からなくし、プロジェクトを通して人が成長し、会社が成長できる。」をモットーしています。これは、私が過去のプロジェクトに参画した中で問題意識を感じていたところでもあります。

こういった問題を解決するためには当然ノウハウ・ナレッジも必要ですが、このような問題意識を持った人が問題を解決するために働き、改善しより多くの問題を解決できるようにするためには、組織が必要となります。そして、私は、問題に感じていることをビジネスを通して解決するために会社を設立しました。

会社名である“IncubationCode”という単語は、Incubation(孵化)という単語とCodeという単語の組み合わせでできています。
「思いを込めたコード(行動)の一つ一つが意味を成し、一つの仕組みとなり、その思いが社会に出て孵化し、成熟していって欲しい」
という意味が込められています。

会社概要

会社名 株式会社IncubationCode
代表者 代表取締役 澤井 良夫
本社所在地
住所
電話番号 050-3571-8937
設立2016年12月
事業内容プロジェクトマネジメントに関するコンサルティング
プロジェクトマネジメントに関する営業代行
取引銀行三菱UFJ銀行

企業理念

社会からデスマーチをなくす

プロジェクトで発生するデスマーチをなくし、プロジェクトを通して人が成長し、会社が成長できるコンサルティングを行う。
IncubationCodeでは、正しい知識でマネジメントを行えばこのデスマーチをなくすことが可能であると考えています。
マネジメントの見直しや業務効率化のコンサルティングを行うことで、デスマーチによる過酷な労働環境で不幸になる人が0の社会を創ります。

働き方を変える

時間、場所にとらわれない働き方を創生し、働く価値を変化させる。
待機児童問題や家族の介護など、様々な理由から周りの人と同じ時間、同じ場所で勤務できない人は数多くいます。
代表澤井も、「働きたいけど働けない」という状況を経験しています。ですので、弊社は常にそのような人たちの味方であり、「働きたいけど働けない」をなくすための事業を展開してます。